副業ランキング.net【2018】
ホーム > 副業ニュース > 副業で民泊ってあり?500万円儲ける一般人も出た

副業で民泊ってあり?500万円儲ける一般人も出た

「民泊」を認める条例

今年1月29日、東京都大田区は、全国で初めてとなる「民泊」を認める条例を施行。同日から申請を受け付け、今月12日、インターネット宿泊仲介サービス運営「とまれる」が認定第一号となった。しかし12日時点で、手続きの煩雑さなどから、申請に訪れたのは1社だけ

「TOMARERU (とまれる)」
https://tomareru.jp/
国家戦略特区内で不動産を活用した民泊マッチングサービスを開始する「TOMARERU (とまれる)」。空室物件オーナーと宿泊者をマッチングする新しい仕組み

fukugyou07.gif
500万円儲ける一般人も出た
http://ascii.jp/elem/000/000/962/962110/
持ち物件であるマンション2部屋をそれぞれ4人部屋、2人部屋の宿泊先として宣伝し、インターネットで客を取っているという。
宿泊施設の宣伝文句は「スカイツリーが見える」だった。
逮捕もありうるグレーな事業なら旅館業界は猛反発。

『民泊に関する意識調査』でも、それが裏付けられている。東京都在住の20歳から69歳の男女のなかで、戸建て持ち家のある290人のうち、自身が「民泊」サービスに登録すると近所に迷惑をかける可能性があると答えた人は61.4%

マンションの空き部屋などを宿泊施設として副業活用できる「民泊」 だが近隣トラブルをどう克服するかが課題でしょう。